中学受験講師求人と家庭教師

子どもの指導を行う仕事はいくつかありますが、学習塾や家庭教師は教員免許を必要としないため、比較的容易に就職できるとされています。最近は中学受験を受けさせたいという保護者が増えたこともあり、中学受験専門のコースを用意する学習塾が増え、中学受験専門の講師を募集する求人も数を増やしてきています。同様に家庭教師の求人も増えてきていますが、どちらに応募するべきなのでしょうか。

学習塾と家庭教師のどちらかを応募する際は、それぞれの指導方法から、自分に合った働き方を選びましょう。家庭教師はマンツーマンで指導する分、一人の生徒に対して力を入れて指導することになりますが、勉強する気のない生徒に勉強を教えるのが難しいといいます。学習塾の場合は、周りの生徒に影響されて、自発的に勉強する生徒も多く、勉強に集中できる環境を作りやすい分、指導がしやすいという強みがあります。

中学受験の指導を行いたい場合は、学習塾も家庭教師も、同様に受験対策を専門とした求人が公開されています。学習塾や家庭教師の指導方法は異なりますが、いずれも中学受験の指導に関しては、ある程度の実務経験が求められることが多いです。キャリアアップのために中学受験を経験させる職場も多いため、キャリアアップのために転職する方も少なくありません。